会員入り口    サイトマップ
ホーム 製品&サービス紹介 会社概要 資料請求

製品&サービス紹介

ホームコネクター >>>   ビー・ド・ベール >>>    UGC >>>    FRP >>>

   ミューソレーター >>>

 

FRP成形手法


【ハンドレイアップ成形法】

ハンドレイアップ成形法は、ガラス繊維(ガラスクロス、ガラスマット)を成形型に沿わせて人手によって脱泡ローラー等を用いて樹脂を含浸させて任意の厚みまで積層する成形方法です。
多品種少量生産に適しており、さまざまな形状に対応できる最も一般的な成形方法です。
弊社では、ハンドレイアップ成形法での成型品を主に製作し通信アンテナ用レドーム、海上ブイ等、納入しております。


工程 作業内容 工程写真
原型製作

主に木材を使って原型を造ります。材質は造形物の種類、細工、大きさに合わせて選びます。

完成した原型の表面を研磨し滑らかにして離型剤・ゲルコートを塗り、メス型(成形型)が上手く剥がれるようにします。
原型
成形型製作

原型を用い成形型の製作を行う。

メス型の成形は主にFRPを用いて行います。
成形型
FRP製品の成形

成形型に離型剤・ゲルコートを塗り、FRPが上手く剥がれるようにします。メス型にガラス繊維を貼り付け硬化剤を混入したポリエステル樹脂を脱泡ローラーで塗り含浸させます。この作業を型の必要強度に合わせて数回繰り返し積層します。

FRP材が完全に硬化したら傷が付かないように原型からゆっくり剥がします。
FRP製品の成形
FRP製品の
仕上げ作業
脱型したFRP製品から出ているガラス繊維・樹脂の不要な部分をナイフでカットします。表面の気泡の穴はパテを使って修正し、凸凹をグラインダー・紙やすりで全体を丁寧に均します。シンナーで塗装面に残っている離型剤も完全に取り除きます。 FRP製品の仕上げ作業
完成

仕上げ作業が完了し、詳細の寸法、色調を確認して出荷

致します。
完成

【FW成形法】

FW成形法(フィラメントワインディング)は、ガラス繊維(ロービング)に樹脂を含浸させながら回転する金型(マンドレル)に任意の厚みまでガラス繊維に張力(テンション)を加えながら所定の角度で巻きつけ、硬化後脱型する成形法です。FW成形法で製作された成型品の特徴としてガラス含有率が高く最も機械的強度の高い成型品を製作することができます。また、機械成形なので品質が安定した製品を大量に生産することが可能です。
主な用途として薬品タンク、圧力タンク、パイプ、釣竿、ゴルフシャフト等で弊社では雨水排水管を納入しております。

FW成形機 FW成形のパイプ
FW成形機 FW成形のパイプ

【RTM成形法】

RTM(Resin Transfer Molding)の略で凹凸で構成された成形型にガラス繊維を封入し、樹脂を注入して硬化後脱型する成形方法です。機械成形ですのでハンドレイアップ成形法に比べ品質が均一な成型品を製作する事が可能です。
RTM成形法は、中量生産に適しインサート構造(ボルト、ナット等を成形時に一体成形する)やサンドイッチ構造(ガラス繊維+コア材+ガラス繊維と複合材を一体成形する)が比較的容易に製作できます。
主な用途としてアンテナカバー、自動車のエアロパーツ等があります。


RTM成形機 RTM成形製品
RTM成形機 RTM成形製品


  

  ホーム  製品&サービス紹介  会社概要  資料請求  サイトマップ  リンク  会員入り口

  copyright (c) 2009. SCRIMTEC JAPAN. All Right Reserved