会員入り口    サイトマップ
ホーム 製品&サービス紹介 会社概要 資料請求

製品&サービス紹介

ホームコネクター >>>   ビー・ド・ベール >>>    UGC >>>    FRP >>>

   ミューソレーター >>>

 

OAフロア・サーバルーム向け


免震機能を持ったOAフロア(フリーアクセスフロア)。
大掛かりな工事が不要なので、新築はもちろん既存のビルでも、サーバ1台から本格的な免震が可能となります。


フリーフロア施工によるオフィス免震システムの模式図
高床OAフロア(高さ700mm)下に免震装置を設置した震度7実験状況(防災科学技術研究所)

<免震システムの解説>

免震システム「μ-Solator」は、ステンレス製の凸曲面の「セルシート」(樹脂加工鋼板タイプもあります)と、特殊樹脂コーティングの「滑走プレート」の間で滑るという、新しい機構の免震装置を採用しています。50cm角のセルプレートを下板とし、50cm角の滑走プレートを上板として、その上に通常のOAフロア(フリーアクセスフロア)を施工します。


サーバルーム 免震床装置施工状況(北海道札幌・某社)
セルが摩擦係数を0.08まで引き下げます。 セルが摩擦係数を0.08まで引き下げます。
免震のカナメ、セルシート(拡大)

滑走プレートは粘着テープで接合

ミューソレーター(免震床装置)サーバルームへは1日で設置可能!  
黒い板の上にもサーバを自由に配置できます。  

滑走プレート同士は平面的に接合され、フロア全体が一体として動く構造になっています。免震性能としては摩擦係数がμ=0.08なので、地震の揺れは80gal(震度5相当)より大きくなることはありません。
また、免震装置の厚さはわずか4mmです。配線や配管に応じて自由に設定できるので、天井高もほとんど変えず設置することも可能です。オフィスのレイアウト変更に合わせた作業も、短期間で可能です。固有周期が無限大となるので、近年問題となっている長周期地震に共振する心配もまったくありません。


このページのトップに戻る

サーバルーム免震床の施工


既存サーバルームの状況 免震フロア施工
1.μ-solator とセルシートを敷き詰める。 2.μ-solator の上下仮留を外す。
免震フロア施工2 免震フロア施工3
3.支持脚を配置する。 4.外周パネルとOAパネルを並べる。
免震フロア施工4 免震フロア施工5
5.OAパネル設置終了。 6.セルシートと穴あきカーペットを敷き詰める。
免震フロア施工6 免震フロア施工7
7.カバープレートを架ける。 8.タイルカーペットを敷き詰める。
免震サーバルーム  
9 .「μ -solator + OA フロア」の完成  

このページのトップに戻る

工場・倉庫向け


直置き免震装置

可動変位量無制限、わずか2日で工場フロアも丸ごと免震に!
最新鋭の設備を誇る工場も、免震装置なくして大地震に遭遇すれば、機械は大きな被害を受け、長期停止のやむなきに至ります。その損失は計り知れず、企業の存続をも脅かす場合もあります。 直置きタイプのμ-Solatorなら、ごく短い工期で設置も簡単。レイアウト変更時にもフレキシブルに再利用が可能な免震装置として導入できます。


サーバルームに免震装置を。「フリースペース」は設計自在。さまざまな要望に対応できるサーバルーム等の免震装置です。 ミューソレーター(免震床装置)サーバルームへは1日で設置可能!
免震床装置設置イメージ(部分施工の場合) 工場フロア全体の免震装置施工状況
(静岡県 電気材料メーカー)

商品の解説

床免震装置μ-Solator「直置きタイプ」では、1円玉と同じ大きさのステンレス製の凸曲面の「セルシート」(下板)と、特殊樹脂コーティングの「滑走プレート」の間で滑る、新しい機構の 床免震装置を採用しています。曲面のセルが2.5cmピッチに縦横に配置された50cm角の「セルシート」(下板)の上で、滑走プレートが滑るという免震装置です。


このページのトップに戻る

直置き免震装置の施工


工場床面に免震床の割付(墨出し)を行います。 墨出しに沿って免震床(下板)設置用の両面粘着テープを貼ります
1.墨出しを行います 2.両面粘着テープを貼ります
免震床の下板(セルプレート)を施工 免震床の下板を全面に施工
3.下板(セルシート)を配置します。 4.下板(セルシート)配置完了。
免震装置の上板の施工 上板設置完了
5.上板(滑走プレート)は粘着テープで
板同士を貼りあわせます。
6.上板(滑走プレート)設置完了。
免震床の上に仕上材を施工 免震床施工完了
7.床仕上げ材(この場合は長尺シート)を施工します。 8.完成

このページのトップに戻る

直置き免震装置の施工

RASタイプはサーバラック向けに最適化されたミューソレーターです。


業界一シンプルな免震装置

地震対策の中で、もっとも高性能な対策=「免震」
その性能を厚さわずか5mm、2枚の鋼板の中に収めました。


ミューソレーターRASは、サーバラックの下に敷くだけというきわめてシンプルな構造です。必要な部分だけを免震にすることができ、商品コスト、施工コスト、関連工事コスト、さらには工期に至るまで、さまざまな制約条件をクリアできるラック免震装置として、多くのご担当者様よりご支持を受けております。

ミューソレーターに搭載した 振動実験の状況 開口部から床下配線ができます
ミューソレーターに搭載した
サーバラック
振動実験の状況 開口部から床下配線ができます
サーバラック免震装置
サーバラック免震装置ミューソレーター断面図

「フェールセーフ」で想定外の大地震にも安心。


一般の免震装置では、可動範囲より大きな揺れを受けると、縁部に衝突したり、乗り上げたりすることで急激にブレーキがかかり、サーバラック本体に地震の揺れよりも大きな衝撃が加わったり、最悪の場合ラック本体が転倒に至るケースも確認されています。

ミューソレーターRASは、フェールセーフの思想を採用した装置です。想定外の大地震を受け、滑走プレートがセルシートから逸脱しても、ソフトランディングするので、被害が最小限に抑えられます。
フェールセーフで免震装置の逸脱時もサーバラックは大丈夫

「耐震」と「既存の免震」それぞれの問題点を解決

耐震と既存の免震のメリット・デメリットに学び、改良を加えています。

サーバラック免震装置の比較


商品スペック

サーバラック免震装置のスペック

 

 

 

  

  ホーム  製品&サービス紹介  会社概要  資料請求  サイトマップ  リンク  会員入り口

  copyright (c) 2009. SCRIMTEC JAPAN. All Right Reserved